カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HANABI


313mm×398mm 水彩紙








小さい頃、山下清が好きだった。
近くのデパートで展示会をする度に連れて行ってもらっっていた。


彼が手で色紙をちぎって貼り付けている姿のイメージと、その色達の折り重なるさま・・
その自由で素朴な感じが好きだったんだと思う。


岐阜県の飛騨高山で、山下清が歩いたという線路を歩いてみた。
初めての場所だけど、何だか懐かしい気分になった。


これはその日の夜に描いた作品。
心の中で山下清に会い、笑い、一緒に花火を見た。

山下清はやっぱり自然だった。
もう傘も下駄も必要いようで、ポイっと下に投げ捨てた。

その姿は〈何も持たない強さ〉を持っているように見えた。





大好きだった山下清の様に
自分もいつも自然でありたい。




 (2006年)











コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=11891&eid=149

ページトップへ